お尻ニキビはどうすれば防げるの?

顔にできると今まで思っていたニキビ、実はお尻にも出来るって知ってましたか?
お尻だけでなく、デコルテや背中など、いたるところに出来る可能性があります。

 

特に、お尻にきびは長い時間座ってたりすると、痛いですよね・・・

 

フェアリームーンやピーチローズなどのニキビケアを使う前に、
原因などについてみておきましょう。

 

お尻にニキビの原因について

 

デコルテの部分などと比べると、お尻はべたつく部分ではありあませんが、
実は皮脂は多いんですね。

 

 

皮脂が毛穴に詰まることで、アクネ菌が発生します。
それを長時間そのままにしておくことで、ニキビが発生してしまうんですね。

 

お尻に柔らかいようなイメージですが、肌の表面は実は分厚くて硬くなっています。

 

座っている間などは、体重を腰とお尻で支えなければならないので、
どうしても刺激が強くなり角質化してしまうんですね。

 

しかもお尻の皮膚はとても敏感で、ムレや摩擦などで日歩ダメージを受けます。

 

常にお尻を清潔に保つことはもちろん、お風呂で洗った後などはしっかりと
すすぐことをオススメします。

 

また、お風呂で洗った後は保湿もしっかりと行なってください。

 

お尻ニキビを予防するためのポイント

 

摩擦をできるだけ防ぐ

 

いすに座っている時など下着や衣類などによって、日々お尻はダメージを受けてしまいます。
この蓄積により出来てしまったにきびが、悪化してしまうこともあるんですね。

 

特に職場でデスクワークなどが多い方は、ニキビケアをしっかりと行なってください。

ストレスをできるだけ貯めない

 

 

お尻ニキビの原因には、ストレスも密接に関わっています。
人はストレスを感じることで緊張状態になります。
そうなると、血流が悪くなり、
ホルモンのバランスが乱れにきびが出来やすくなってしまいます。

 

 

ストレス発散などを、適度に行なうことも重要ですね。

ムレを防ぐ

 

 

体のパーツでもお尻は下着などでムレやすくなります。
その結果汗などをかき、お尻ニキビを発症させる原因になもなります。

 

 

下着などの衣類は風を通しやすいものを選びましょう。

 

上のポイントを守り、お尻ニキビを予防しましょう。

 

 

>>フェアリームーンVSピーチローズ【お尻のニキビケアNo.1はどっち?】TOPへ戻る