ニキビと食べ物の関係について

食事によってニキビができることってあるの?

 

普段の食生活などで、ニキビができてしてまうことはあるのでしょうか?
色々と調べてみたところ、「食事が原因になることもある」という結果となりました。

 

 

では、一般的にどのような食べ物がニキビリスクを増やすてしまうのでしょうか。

 

 

脂っぽい肉や食べ物、お菓子などはNG

 

 

上記の食べ物は、皮脂を過剰分に分泌させてしまうおそれがあるので、
出来る限り控えた方が良いかと思います。

 

 

皮脂が多く分泌されてしまうと、それが毛穴に詰まってしまうといったことが起こります。

 

するとどうなるのか?そう、それをほっといた状態がニキビにとして現れます。

 

 

また、新陳代謝などに効果的とされている「辛い食べ物」などですが、
食べすぎはよくありません。

 

 

一般的に、日本人の体質には辛い食べものがあっていないので、
たくさん食べることの反動で、ニキビができてしまう場合もあるんですね。

 

 

食事からニキビを予防するにはどうするの?

 

大事なのはバランスの良い食事を心がけるといことですね。
普段脂っぽい肉などを食べることが多いのあれば、脂の少ないささみなどに変えたり、
野菜中心の生活に変えたりなどいくらでも見直せる部分はあるはずです。

 

 

しかし、それでも万が一ニキビが出来てしまった場合には、薬局でニキビ直しを買ったり、
お尻にニキビが出来た場合はフェアリームーンやピーチローズを試してみてくださいね。

 

 

ニキビを抑える食べ物とは?

 

ニキビで悩まれている方に朗報です!実は、ニキビが出来てしまった後でも、
食事によって抑えられる可能性があるんですね。

 

 

その食べ物は、グレープフルーツやイチゴ、ニンジンや小松菜などです。

 

アーモンドなどにも含まれているので、普段の食事に是非とも取り入れてくださいね。

 

上記の食べ物は主にビタミンを含んでいる食材で、その他にも「食物繊維」「亜鉛」なども有効だとされています。

 

 

普段の食生活を見直して、是非ニキビケアをしてみてくださいね。

 

 

⇒お尻にニキビが出来てしまった・・そんな方はフェアリームーンかピーチローズがオススメ